フリーランサーに「050」番号の取得がおすすめの理由とは?

「事業用の電話番号が手軽に欲しい!」
「仕事の通話料金を少しでも安く抑えたい」
「海外からも気軽に受発信できる番号が欲しい」

そのようにお悩みのフリーランサーにおすすめの携帯番号があります。
それは「050」番号です!

050番号は手続きも簡単で、すぐに使い始めることができますよ。
コストも090番号よりも格段に安いので、コスト削減にも役立ちます。

ここでは、フリーランサーにおすすめである050番号について、詳しく解説していきます。

050番号とは何?

050番号とは、IP電話で使われている電話番号のことを指します。IP電話は、インターネットを活用した電話番号のことです。
インターネット回線ですから、固定電話や携帯電話番号と比較して「導入しやすい」「解約しやすい」「コストが安い」などさまざまなメリットがあります!

大手電話回線キャリア以外にも、インターネット接続を事業にしている企業がIP電話番号サービスを提供していることが多いです。最近では、ビジネス用IP電話番号サービスも多く提供されています。

050番号を持つとメリットがたくさん!

IP電話の050番号を事業用に取得しておくと、メリットがたくさんあります。
以下、詳しいメリットをご紹介します。

コストが安い

IP電話の大きな魅力は、「コストが安い」点です。

月額利用料は、固定電話だと1,000円程度しますが、IP電話はなんと100~300円程度!
通話料金も、1分でおよそ10~20円ほどなので、固定電話と比較すれば半分以下の料金で済みます。
初期費用も無料なサービスが多いので、コストを圧倒的に抑えることができますよ。

解約や契約が簡単にできる

IP電話番号を取得するための契約手続きはとっても簡単!
希望のサービスにWEBから申し込みをするだけでOK。最短10分以内ですぐに使用することができます。
固定電話の場合は、電話回線工事・受話器の準備・書類の手続き…などの煩雑な作業がありますが、IP電話では一切必要ありません。
スマートフォンまたはパソコン、そしてインターネットさえあれば、すぐに開通できます。

さらに、大手キャリアにあるような「〇年縛り」も存在しません。解約したいときには、WEBから申し込みするだけ。違約金もありませんから、とても手軽ですね。

事業用専用の電話番号を取得できる

IP電話を使用するときには、専用アプリを使用するサービスがほとんどです。
そのため、同じスマートフォンに「通常の携帯番号(090番号)」「仕事用の電話番号(050番号)」の2つを所持することができます。

仕事用とプライベート用を分けることができますし、1台で2つの電話番号が使えるので、2台持ちする必要もありません。

海外からも同料金で利用可能

IP電話はインターネット回線を利用していますので、たとえ海外からでもネット回線さえあれば受発信が可能です。料金も変動しません。
海外出張が多い人には便利ですね。

パソコン上からも受発信が可能

IP電話はスマートフォン以外に、パソコンからも受発信することが可能です。
パソコン1台で、仕事をしながら通話を受けたり発信することもできます。

050番号を取得するときに注意したいポイント!

IP電話はメリットが多いですが、注意したいポイントもあります。取得する際には、以下の点にも注意しておきましょう。

音質が悪くなりやすい

インターネット回線を利用した通話のため、回線状況によっては音質が悪くなります。
相手の声が聞き取りづらくなったり、途切れたりすることもあるので要注意です!

心配な方は、事前に通信回線速度をチェックしたり、万が一のために「録音機能」を導入しておくと良いでしょう。

長電話だと通話料金が高くなる

IP電話には、「かけ放題プラン」が用意されていないサービスがほとんどです。
そのため長時間の電話が続いてしまうと、逆に割高になってしまう可能性もあります。

データ通信量が発生する

インターネット回線のため、利用に応じてデータ通信量が別途発生します。

信用イメージが低い

IP電話に対する社会的信用のイメージは、まだまだ低いです。
金融機関や公的な手続きの場では050番号が使えないことがありますので、注意しましょう。

まとめ

以上、IP電話番号についてご紹介しました。

固定電話よりも手軽であり、コストも圧倒的に抑えられる050番号は、事業を始めたばかりのフリーランサーにおすすめです。

他にも、以下に該当する人はぜひ050番号の導入を検討してみてくださいね。

【050番号がおすすめのフリーランサー】
・気軽に使える事業用の電話番号が欲しい
・電話時間や頻度は少ないけど仕事用の電話が欲しい
・電話のコストをなるべく抑えたい
・海外へ出張する機会が多い

クラウドオフィスに発信致します。
よろしいですか?