個人事業主がフリーダイヤルを取得する特徴やメリットは?

個人事業主として事業を始めたばかりの人で、固定電話の導入でお悩みの方はいませんか?固定電話を取得すれば、事業をするに当たってさまざまなメリットがあります。
さらに業種によっては、フリーダイヤルの導入が最適なケースもあります。固定電話回線さえあれば簡単に導入できますよ。

ここでは、個人事業主の方が固定電話を持つメリットや、フリーダイヤルの特徴などをご紹介していきます。

個人事業主は固定電話を持つべき?

一昔前において、固定電話は事業用電話としてよく使用されていました。最近では、携帯電話やIP電話を事業用電話番号として登録する方が増えています。
しかし固定電話を事業用電話として登録すれば、大きなメリットがあります。以下、固定電話を持つ主なメリットやデメリットをご紹介していきます。

固定電話を取得するメリット

・社会的信用が高くなる

固定電話を取得する大きなメリットは、「社会的信用」を得ることができる点です。
携帯電話を事業用の電話番号として登録することもできますが、番号が変更しやすいので、信頼度はあまり高くありません。

一方の固定電話なら「事業としてオフィスを構えている」ことが証明できます。携帯電話番号と比較しても、その信用度や安心感は大きく違います。
金融機関では融資を受ける際に固定電話を必須としていることからも、固定電話は社会的に大きな信用を得ることができるのです。

・プライベートと仕事を分けやすい
携帯電話の番号を事業用として登録すると、プライベートと両用している方も多いので、着信があった際に、仕事なのかプライベートなのか、区別がつきにくいといったデメリットがあります。
一方の固定電話であれば着信はすべて仕事用であることが明確ですから、携帯の着信はプライベート、と簡単に区別できます。

固定電話のデメリット

・開通までに時間がかかる
固定電話を使用するためには、電話線を開通しなければなりません。そのための工事が必要であり、繁忙期だと着工までに1ヶ月以上かかるケースもあります。

このように固定電話の大きなメリットは、社会的信用を得やすい点でしょう。「お客さんや取引先からの問い合わせを増やしたいので固定電話を取得したい!」と考えている人はぜひ導入をおすすめします。

とくに、「注文や問い合わせなどを気軽にかけてきて欲しい」と考えている人は、固定電話回線で使えるフリーダイヤルの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

フリーダイヤルとは?導入方法やメリットなどについて

フリーダイヤルは「0120」「0800」の固定番号であり、フリーコールとも呼ばれます。
通常の固定電話と違い、通話料金は全て着信側が負担する特徴があります。そのため発信者には通話料金が発生しません。

フリーダイヤルの導入方法は、電話機と固定電話回線があれば簡単です。フリーダイヤルを取り扱っている電話会社に連絡し、フリーダイヤル利用の契約を結ぶだけ。おおよそ一週間前後で開通されます。

フリーダイヤルの費用は?

フリーダイヤルにかかる費用は、毎月の利用料+通信料金です。
毎月の利用料は、平均して2,000円前後ほど。通信料金は、掛けてきた人の距離や時間帯などによって変動します。
また、電話会社によっては申込時に工事費が発生することもあります。だいたい1,000~2,000円ほどです。

フリーダイヤルのメリット・デメリットは?

フリーダイヤルの最大の特徴は、「発信者側に通話料金が発生しない」ことです。
お客さんから気軽に電話を掛けてもらいやすいため、問い合わせや注文の電話を大量に欲しい業種には最適でしょう。

また、事務所を移転しても番号をいちいち変更する必要がありません。
通常の固定電話だと住所が変更されるたびに番号が変更されるため、変更手続きや取引先への連絡など、面倒な作業が増えます。一方でフリーダイヤルなら住所変更をしても番号が変更されないので、こうした作業は不要です。

デメリットとしては、通信料はすべて契約者負担のため、問い合わせや注文の電話数が多い・通話時間が長いと料金が高くなりやすい点です。少しでも料金を抑えるためには、選択する電話会社やプランを、最初にじっくりと比較検討しておくことです。

まとめ

ビジネスにおいて社会的信用は欠かせません。固定電話を取得すれば、その社会的信用度は大きくなりますし、取引先やお客さんに対して安心して発信してもらうことができるでしょう。
業種によっては、通常の固定電話よりもフリーダイヤルがおすすめです。
「お客さんからの注文や問い合わせを多く集めたい」
「事務所移転が多い」
といった業種なら、ぜひフリーダイヤルの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

クラウドオフィスに発信致します。
よろしいですか?