個人事業主におすすめの電話番号取得方法を解説します!

起業したばかりの方で、「事業用の電話番号を取得すべきか?」とお悩みの方は多いのではないでしょうか。
プライベートで利用している電話番号でも事業用として利用可能ですが、仕事とプライベートが曖昧になってしまう、といったデメリットもあります。
事業用の電話番号の取得方法は、多岐に渡ります。その中から最適なものを選択して事業用電話番号を取得してみてはいかがでしょうか。

ここでは、個人事業主の方におすすめの電話番号取得方法をご紹介します。

個人事業主に事業用の電話番号は必要なの?

そもそもノマドワーカーに事業用の電話番号は必要となるのでしょうか?
結論を述べると、「プライベートと仕事を分けたい」「社会的信用度を上げたい」と検討している人にはおすすめです!
事業用の電話番号があれば、以下のようなメリットがあります。

・プライベートと分けることができる
普段使っている電話番号でも、事業用として登録・利用することは可能です。しかしプライベートと仕事の電話が同じ番号から掛かってくるため、それらの境界線が曖昧となってしまいます。
事業用の電話番号を取得すれば、プライベートの電話番号には仕事の連絡が入ることがなくなるので、仕事とプライベートを区別しやすくなります。

・電話番号によっては社会的信用度が上がる
フリーダイヤルや固定電話などを取得すれば、その他の電話番号よりも社会的信用度がグンと上がります。
携帯電話番号が事業用の電話番号だと、変更しやすいというデメリットがあるため、取引相手からすると「本当に事業を行っているのだろうか?」と思われてしまう可能性も。
その点、固定電話はその場に事業所がある証明にもなりますので、社会的信用度が高まります。

おすすめの電話番号取得方法をご紹介!

事業用の電話番号取得方法はたくさんあります。
ここでは個人事業主の方に、おすすめの電話番号取得方法をご紹介していきます。

格安SIM

格安SIMは、大手キャリア以外の企業から提供されている通信サービスのこと。キャリアと比較すると、コストを格段に抑えることができます。
回線は大手通信キャリアのものを借りているので、音質が極端に悪くなることもありません。
新規の格安SIM契約でも、電話番号を新たに取得することができますよ。
【メリット】
・大手キャリアの電話番号と比較するととても安い
・格安スマホもお得に購入できる
【デメリット】
・かけ放題を提供しているSIM系サービスは少ない
・キャリアメールの使用はできない

プリペイド携帯

プリペイド携帯とは、事前にチャージした金額分だけ使うことができる携帯電話のことです。基本料金が必要ありませんので、通話した分だけ支払う仕組みです。
「あまり使わないけど、あれば便利」という方には、とくにおすすめします。
【メリット】
・料金の使いすぎを防ぐことができる
・通信料金の管理がしやすい
【デメリット】
・契約時には審査を受ける必要がある
・チャージした金額には有効期限がある

IP電話番号

インターネット回線を利用した電話番号です。通常の電話回線を利用しないので、コストが安い・海外からでも通話できるといったメリットがあります。電話番号は「050」や「03」を取得できます。
手軽に入手できる電話番号として普及しており、事業用の050番号や03番号を提供しているサービスもあります。
【メリット】
・基本料金や通話料が安く済む
・海外でも通話可能
【デメリット】
・ネット回線状況が悪いと音質が劣る
・フリーダイヤルに電話をかけることができないサービスが多い

固定電話

事業所を本格的に構えていて、あまり外出する機会がない人には固定電話がおすすめです。社会的信用度がとくに高いので、金融機関で融資をうけるときにも利用可能です。
利用するまでの手続きは大変で時間もかかりますが、会社の信用力を上げたい人は導入を検討してみるといいでしょう。
【メリット】
・社会的信用度が一番高い
・通話料金が安く済む
【デメリット】
・回線工事をしなければならない
・持ち運びできない

フリーダイヤル

0120から始まる電話番号がフリーダイヤルです。古くからある電話番号なので、社会的信用度もあります。
番号契約者がすべての通話料を負担するため、通話料金は高くなりますが、お客さんや取引先から気軽に電話をかけてもらいやすい点が魅力です。
サービスによっては、オプションで「電話秘書代行」や「営業時間外自動コール」などが利用できます。
【メリット】
・社会的信用度が上がる
・相手から気軽に電話してもらえる
【デメリット】
・固定電話回線が必要
・通話料金を全て負担しなければならない

無料通話アプリ

「電話番号は取得しなくてもいいけど、事業用として取引先と気軽に連絡できる手段を探している」
上記の方には、無料通話アプリのご利用をおすすめします。
無料通話アプリをダウンロードして、必要事項を登録するだけですぐに利用できます。
ただし専用の電話番号を取得するわけではないので、公的書類などに記載することはできません。
【メリット】
・気軽に使える
・通話料が発生しない
【デメリット】
・データ通信量を消費する
・ネット回線がないと利用不可

まとめ

上記でご紹介したように、事業用の電話番号取得方法はたくさんあります。
それぞれにメリット・デメリットがありますので、自分の事業スタイルに適したものを選んで、上手に活用していきましょう!

クラウドオフィスに発信致します。
よろしいですか?