携帯電話番号より03番号の方がクライアントイメージが良い理由

今や仕事で携帯電話を使うのは当たり前になっていますが、それでも携帯電話の番号より03番号の方が仕事上では良く使われています。名刺に記載する電話番号は携帯電話の番号よりも03番号の方が、クライアントイメージが良いからです。

これからビジネスを始める人や、フリーランス・自営業で活動する人は、携帯電話番号以外に03番号を取得しておくと、クライアントからの信頼度が上がる可能性があります。携帯電話番号より03番号の方がクライアントイメージが良い理由をご紹介します。

携帯番号はクライアントイメージがあまり良くない?

名刺に記載する番号が携帯電話の番号だと、クライアントのイメージがあまり良くないというのは本当なのでしょうか。

携帯電話の利用が当たり前になってから生まれた若いビジネスパーソンであれば、携帯電話の番号で日常的なやり取りをするのが普通になっていますが、まだまだ携帯電話を使うことに抵抗がある層もいます。

03番号を持っていた上で携帯電話番号も追加で伝えるのは問題ありませんが、携帯電話番号しか持っていないと不安に思うクライアントもいます。

なぜ携帯電話の番号よりも03番号の方がクライアントのイメージが良いのか、03番号に対してクライアントが持つ良いイメージを事項でご説明していきます。

03番号の方がクライアントイメージが良い理由

携帯電話の番号よりも03番号の方がクライアントのイメージが良い理由は、4つあります。

きちんとしている会社に見える

名刺に携帯電話の番号しか記載がなく、会社のホームページの番号も携帯電話番号だけだと、会社の信頼度は上がりません。実体のない会社なのではないか、きちんと運営されていないのではないかと、心配になってしまう人が多いです。

名刺や会社のホームページに03番号が記載されているだけで、きちんと営業している会社なのだなという印象をクライアントに与えることができます。

必ずつながる安心感がある

携帯電話だと移動中や商談中に電話に出られませんし、圏外にいる時は電話につながらなくなってしまいます。

03番号であれば電波の心配はなく、必ずつながるという安心感があります。例え担当者が不在だったとしても、折り返しのお願いをすることができるだけでも、クライアントの信頼度は大きく異なるのです。

業務時間外でも電話しやすい

名刺に記載されている電話番号が携帯電話番号だと、クライアントは業務時間外に電話しにくいです。もう帰宅してプライベートな時間を過ごしているかな?と気にしてしまい、電話するのを躊躇してしまいます。

03番号であれば業務時間外でも電話しやすいとクライアントは感じます。会社に残って仕事をしていれば電話に出るだろうし、すでに帰社していれば担当者不在となるか、営業時間外アナウンスとなるからです。

通話料金が安い

03番号などの固定電話へ発信するのと、携帯電話の番号に発信するのでは、クライアントにかかる通話料が大きく異なります。

例えばNTT東日本の通話料は、固定電話同士の同一区域内の通話が3分8.5円(税抜)に対し、固定電話から携帯電話への通話は1分16〜17.5円(税抜)と高額です。通話料を考慮すると、ビジネスシーンにおいては携帯電話の利用量よりまだまだ固定電話の利用量の方が多いですし、会社によっては携帯電話宛ての通話を極力控えるよう通達しているところもあります。

03番号取得サービスを使って携帯で03番号を利用しよう

クライアントイメージを考慮すると会社で使う電話番号は03番号を利用することが推奨されますが、効率的な電話運用を考えると携帯電話を使いたいですよね。

そんなビジネスパーソンにおすすめなのは、03番号取得サービスを使うことです。03番号取得サービスなら、お手持ちのスマートフォンで03番号の受信・発信を行うことができます。

クライアントには普通の03番号のように見えるので、信頼を損なうことなく効率的な電話運用を行うことができるでしょう。これから電話環境を構築する起業家やフリーランスは、03番号取得サービスを利用するのがおすすめです。

クラウドオフィスに発信致します。
よろしいですか?