コワーキングスペースの受付が見た!ビジター利用者さん

日替わりで刺激をもらえるコワーキングスペース

前回、コワーキングスペースに迷い込んでしまったおじいさんが、最終的に自分だけの席を契約して、すてきなビジネスマンに変身したお話をさせて頂きましたが、そのように席を契約したり、会員登録してフリースペースで無料のWi-Fiやドリンク飲み放題を利用しながら、毎日勉強やお仕事に精を出している方は沢山いらっしゃいます。

それぞれに物語があり、ほぼ毎日くる方は、顔を覚え名前を覚え、行動パターンや好きな席、どんな事をされているのかなど、分かるようになって来るものです。
たまに来ないと心配になったりもします。

それとは逆にドロップインの利用者さんは、1度きり、又はたまの利用の方が多く、色々な理由でやってくる為、とても刺激になったり、印象に残ったり、時には困ったりします。

今回は、コワーキングスペースの受付勤務の筆者が印象に残ったドロップインのお客様のエピソードを二つご紹介します。

超大荷物でやってきて商談を成功させたサラリーマン

コワーキングスペースの利用方法としては個人で仕事や勉強などをする事が多いですが、その次に多いのが打ち合わせの場所として利用するという方法です。

個人的には普段あまり使わないけど、打ち合わせがある時に利用して下さる方は会員登録せずに、ドロップインで利用して、領収書をもらって帰る。
というパターンが多いのです。

ある日、サラリーマンの方が、よく一人で持ってこられましたねと言いたくなるくらいの段ボールの山を台車に積んで汗だくになりながらやってきました。
それは周りの利用者さんも全員驚くくらいでした。
一番奥の席まで運び、商談相手を待ちます。
ほどなくしてやって来た商談相手も、多すぎる荷物に驚いた様子でした。

いざ、商談が始まり、私たちにはまるで使い道が分からないような部品を箱からガシャガシャ!っと出して一生懸命説明していました。
もちろん、聞き耳を立てて、どんな話をしているかなんてできませんので、どんな商談内容で何を売りたかったかは分かりませんが、話も終わり、商談相手の方が帰る時、私たちに「あんなに沢山持って来て一生懸命説明されるんだもん、彼の作戦勝ちだね〜」と行って笑って帰って行きました。

私が働くコワーキングスペースは、食べ物の持ち込みと楽器使用以外は常識の範囲内で特に制限も無いので、大きな荷物も他の方に迷惑がかからなければ問題は無いのですが、小さな台車に恐らく10箱近く乗っていたと言っても過言ではありませんでしたので、とても印象に残っています。
ただ、その方の全て見せたいという熱意なのか、融通の利かないまっすぐな性格なのか、何が成功に導いたのかは分かりませんが、商談成立でほっとして帰られた汗だくの背中が忘れられません。
それにしても、毎回あんな大荷物で商談されるのでしょうか・・・?

何度も来ているのに初めて来たフリをする方

ドロップインで単発利用する方の中には、登録が面倒だったり、入会金を払いたくないと言う理由で会員にならない方も少なくないです。

そんな中、スタッフ同士でよく話題に上がる女性がいらっしゃいました。
その方は何度もご利用されているのに、必ずドロップインで、同伴の相手が違うと、毎回初めて来たから説明をしてくれとおっしゃる利用者さんでした。

少し不思議でしたが、相手の方に気を使っているのかな?とスタッフ同士で話したり、その方が実はこういう人なのではないかと物語を勝手に作っていたりしていました。
彼女はその後も特に悪びれる様子も無く、初めて来た顔をして施設の説明を求めてきます。

そして、帰りは必ず同伴されて来た方を先に見送るのですが、両者ともとても満足そうな明るい笑顔でお別れするのです。
一人に残ったその方は手際よくテーブルを片付けて帰って行きます。

この方は身なりも綺麗にしていて、笑顔も素敵でしたが、正直お話も上手そうで、少し怪しい商売?をしているのでは・・・と疑った事もありましたが、ある日その女性の方から話しかけて下さる機会がありました。
「いつも何も知らない顔して、怪しい〜って思ってるでしょう?」と、私たちが聞きたかった事をズバリとご自分から話して下さったわけですが、彼女は実は、ご自身でいくつもの店舗を持つ美容界のカリスマのような方だったのです。

彼女曰く、打ち合わせは基本、コワーキングスペースを使いたいので、これからも打ち合わせをする相手が新しい方の場合は一緒に説明を聞いて、今後共に気持ちよく使えるようにしたいのだとか。
要は最初の予想通り、相手の方への気遣いだったようです。
というか、彼女のこだわり?とも言えます。

コワーキングスペースを打ち合わせ場所に選ぶのも、あえて自分の社内ではなく、何も無いまっさらのテーブルについてまっさらから話をスタートするのが好きなのだそうです。
机がいつもの机と違うだけで考え方も変わるし、新しい事もどんどん浮かんでくるのだとか。
また、私たちの説明を聞くのも「勉強になる」とおっしゃっていました。

毎回相手の質問に答えている姿や、説明してくれるスタッフが変わるので、とても為になるのだそうです。
立場など、関係なく常にアンテナを張って様々な所から吸収しようとする姿に本当に感動しました。

その女性は、数えきれない回数、ビジター利用をしてくださり、最終的にご自分の席を契約されて今では毎日顔を合わせています。

彼女の新しい事に向かって行く姿を見ていると本当に毎日ワクワクします。

代わる代わる様々な方が利用するコワーキングスペースの良さ

コワーキングスペースで働いていると、様々な方に出会う事ができます。
お話好きな方、一切お話をされない方、フリーランスの方、サラリーマンの方、勉強をしにくる学生さん・・・冒頭でもお話しましたが、それぞれに物語があって、必要性を感じてコワーキングスペースを選んでいるのだと思います。

会員の方はもちろんですが、ビジター利用の方とお話しする機会がある時は、必ずなぜ単発で利用するかという事を聞くようにしているのですが、時々面白い仕事をしていたり、偶然ここにたどり着いたという方がいたり、興味深い話が聞ける事も多々あり、とても刺激になります。

一昔前はWi-Fiを探し求めて、町をウロウロ。
なんて事もしょっちゅうでしたが、今ではコワーキングスペース、シェアオフィスと言われる場所も増え、検索すればすぐに探し当てる事ができます。

たまには自分も知らない町の知らないコワーキングスペースにドロップインしてみようかなと、コワーキングスペースで働きながら、感じている毎日です。

クラウドオフィスに発信致します。
よろしいですか?