場所貸しだけではない「エニシア」のサービスとはどんなものか

「シェアアビリティスペース エニシア」とは?

現在、日本全国に様々なシェアオフィス、コワーキングスペースと言われる物が誕生しています。
その中でも、静岡県、愛知県を中心に広がりを見せている「シェアアビリティスペース エニシア」というコワーキングスペースが様々なサービスを行っているようです。
今回はその「エニシア」について、調査した内容をご紹介したいと思います。

エニシアはホームページやその他宣伝媒体で必ず「ここに行けば何かが見つかる」というテーマを掲げています。
つながりを大切にしたデザイナーズ空間ということで、ただの場所貸しだけでなく、有料ルームやフリースペースを利用した大小様々なイベントや、独自のSNSの運用による仕事のマッチングやコミュニティなど、利用者同士が繋がる仕組みを積極的に作っています。
具体的に1つ1つのサービスを見てみましょう。

地方ならではの良心的な価格

利用者にとっては、まず価格が選択の1つになると思いますが、エニシアの料金形態を見てみると、やや複雑な部分もありますが、比較的安価であると言えます。

大まかには二つの利用方法があり、会員登録して利用する方法と、ビジターとしてドロップインする方法で、会員登録には5,000円の入会金が必要になるものの月額980円からと(2019年7月現在)大変利用しやすい金額になっています。

先に料金形態が「やや複雑」と記しましたが、利用できる時間帯(プラン)によって金額が設定され、そのプランも細かく分けられているため、決まった時間帯しか利用しない方にとっては非常に親切な仕組みになっています。

また、ドロップインの料金も終日500円〜1000円(対象外店舗あり)と大変利用しやすい金額になっています。
エニシアは東京にも1店舗ありますが、静岡、愛知、岐阜などを中心に展開しているため、東京や大阪などから出張で来た方がインターネットで検索して、金額の安さからビジター利用するというパターンも多いようです。

1000円以下でインターネット使い放題、ドリンクも飲み放題で時間を気にせず過ごせると言う点で、カフェ等で気を使って作業するより利用しやすいかもしれませんね。

エニシア独自のSNS「Sheabi」とは?

エニシアでは「Sheabi」と言う独自のSNSを運用しており、会員登録も全て自分でネットから行う形になっています。
個人のプロフィールを細かく登録することで、利用者同士での情報交換や仕事の募集やPRができるので、例えば新しく事業を立ち上げたいと思っていても、そもそも何からはじめたら良いか分からない、名刺やチラシをどこに頼んだら良いか悩んでいるなど、分からない事の相談に乗ってくれるプランナーや、紙媒体を作成するデザイナーなど、専門職の方と出会う事ができると言う訳です。
逆に、独立したばかりの方が自分の仕事の売り込みをし、新しい顧客の獲得ができると言う事にもなります。

現段階では、そのSNSを利用している方の人数も多くはないようですが、今後拡大して行けば、とても画期的な仕組みになるのではないかと思います。
これからの仕事の取り方として、大変有効な手段になって行くのではないでしょうか。

幅広い層に利用して頂く為のサービス

「コワーキングスペース=仕事、勉強の場」というようなイメージが一番に浮かんでくるかもしれませんが、その他のサービスとして、コミュニティ(同じテーマで定期的にイベントや講座を行う)や単発イベントなども積極的に開催しており、仕事に役立つセミナーや異業種交流会などはもちろん、趣味の輪を広げたり、ハンドメイドのワークショップや占いの会など、子育て世代、主婦層といった女性も多く利用出来るような工夫がされています。
それを目的として入会する方も少なくないようです。

色々な立場の方が同じスペースで作業をし、繋がって行くという形は正に理想的で、更に進化して女性の独立や、趣味を仕事にしたい時に、「つながり」がサポートしてくれるという環境がそこにはあるのではないかと思います。

「ここに行けば何かが見つかる」の意味

今回「エニシア」というコワーキングスペースについて調べてみましたが、新しい試みも多く、また利用者が仕事や勉強をするだけではなく、多くの可能性を試せるような仕組みになっているという事に、とても将来性を感じました。
今まで「個」のイメージが強いコワーキングスペースやシェアオフィスと言われる場所が、今後、利用者同士のマッチングで「つながり」が生まれる場所にどんどん変化して行くのかもしれません。

もちろん、「個」で仕事ができる場所も確保できますし、必要な時だけ必要な分、サポートを受ける事ができますので、「エニシア」の目指す所は、大変スマートなビジネススタイルではないかと思います。

地方型のコワーキングスペースですので、中には非常にゆったりと広く静かな店舗もあります。

普段と違うデスクに向かう事で作業もはかどりますので、普段利用しない方も、たまには使ってみるのも良いかもしれません。

また、こういったスペースをよく使われる方も、色々なサービスを利用してみると新しい「つながり」が生まれ、良い刺激になるのではないでしょうか。
特にフリーランスの方には、こういった様々なサービスのあるコワーキングスペースを、お勧めしたいです。

クラウドオフィスに発信致します。
よろしいですか?