ノマドワーカーにコワーキングスペースの活用をおすすめする理由

働く場所にとらわれない、自由なワークスタイルを確立できるのがノマドワーカーの魅力です。
自分の好きな時に自由に仕事ができるイメージのノマドワーカーに憧れる人も多いのではないでしょうか。

そんなノマドワーカーにおすすめなのは、コワーキングスペースをフル活用することです。
自宅やカフェなどインターネットの環境があればノマドワーカーの仕事はできることが多いですが、コワーキングスペースを利用すればさらに仕事に集中することができるでしょう。

ノマドワーカーにコワーキングスペースがおすすめの理由をご紹介します。

ノマドワーカーとは

最近では一般的になった「ノマドワーカー」という言葉は、英語の「nomad」から来ています。
英語の「nomad」の意味は遊牧民。
遊牧民のような人という意味で、「ノマドワーカー」とは場所を特定せずに仕事をする人のことを指しています。

ノマドワーカーとよく混同されるものとしてフリーランスがあります。
フリーランスは個人事業主に含まれ、職業にあたるものです。
一方ノマドワーカーは働き方に言及した言葉で、企業で働いている人でもオフィスに行く必要がなく、働く場所に縛られていない場合はノマドワーカーと言えます。

ノマドワーカーが仕事をする上で必要な環境

基本的にノマドワーカーはパソコン・スマートタブレット・スマートフォンなどの端末を利用して仕事をします。
そのため、必須となるのはインターネットの環境です。

逆にインターネットの環境以外は必須となるものはないでしょう。
もちろん取材や打ち合わせなどで出かけたり人に会うこともありますが、通常はオフィスに出向く必要がなく自宅やカフェのインターネット環境で仕事ができます。

旅をしながら働くノマドワーカーもいます。
インターネット環境がない僻地だと仕事をするのは難しいですが、大都市であれば問題ありません。
時差を考慮した働き方ができるのであれば、海外でも仕事ができるのはノマドワーカーの大きな魅力です。

ノマドワーカーにコワーキングスペースをおすすめする理由

ノマドワーカーはインターネットの環境さえあればどこでも働くことができますが、より生産性をあげるにはコワーキングスペースを利用することをおすすめします。

コワーキングスペースは仕事をするための場所なので、仕事に集中するための環境が揃っているのが最大のおすすめ理由です。
逆に言えば、ノマドワーカーの中でも多くの人が活用しているカフェは本来は仕事をする場所ではありません。

最近のカフェは電源やWiFiの提供にも寛容で、仕事をする環境は整っているように見えます。
しかし、すべての座席に電源が設置されているわけではないので、電源のある席が満席だったら空くまで待つか、他のカフェを探さなければなりません。

カフェには飲食したり談笑する場なので、隣の席の人が必ずしも静かとは限りませんし、周囲の人が仕事をしていないので集中力が削がれがちです。
また、電話の内容が漏れてしまわないか、後ろからPCを覗かれていないかなど、情報漏洩にも気を配る必要があります。

コーヒー1杯で数時間に渡って数時間カフェの席を占拠することは、物理的にはできるかもしれませんが、他のお客さんから見た時に迷惑なのは明白です。
お店によっては混雑時は最大2時間などの制限を設けている場合もあります。

コワーキングスペースであれば、仕事する環境について一切の心配がなく、周囲も皆仕事をしているので仕事に集中できる雰囲気であることが大きなメリットです。

また、コワーキングスペースならではの利点として、契約者同士がコミュニケーションを取れる環境であること、独自セミナーの開催などが挙げられるでしょう。
他の契約者と接触することでビジネスのチャンスに繋げられた、セミナーに出席して新たなビジネスのアイデアが生まれた、などの事例も出ています。
コワーキングスペースで働くだけでこのようなメリットを享受できるわけではありませんが、活用の仕方次第では自宅やカフェでの仕事では得られない情報や人脈を得ることも可能です。

ノマドワーカーはコワーキングスペースを上手に活用しよう

コワーキングスペースは月額数千円から契約が可能なので、コストを最小限に抑えたいノマドワーカーにとっても気軽に利用することができます。
毎日仕事をするためにカフェでコーヒー1杯を頼んでいるなら、金額的にあまり違いがないかもしれませんよ。
ドロップインと言って時間単位で利用することもできるので、まだコワーキングスペースを体験していない人は、まずはドロップインで利用するのがおすすめです。

ひとくちにコワーキングスペースと言っても提供会社によって料金の差だけでなく特徴が異なるので、いくつかのコワーキングスペースを比較してみるのも良いでしょう。
自宅から無理なく通える範囲で、自分が仕事に一番集中できそうなコワーキングスペースを選んでみてください。

クラウドオフィスに発信致します。
よろしいですか?