会社設立のために登記から資本金まで気を付けたいポイントはここ

会社設立を考えたときに、そもそも会社を設立するにはどうすればいいか、会社設立にはいくら必要なのか、会社設立にはメリットはあるのか、また資本金はいくら必要なのかなど色々と気になりますよね。
会社設立のためには登記関係の必要書類作成および提出に時間をとられてしまう上に、ましてや大多数の方は初めて登記すると思いますので思いがけずに手間取しまい、思った以上に時間がかかると思いますのでこのような場合には法人設立代行業者を雇うことも考えられます。
これに加えて何よりもお金に関してしっかりと考えておくことが大切で安定した経営を行うためにいくら必要なのか事前に明確にしておく必要があります。
事業の途中でお金が無くなり支払いが出来なくなると事業は終わってしまうことも考えられますので、資金面はしっかりと考えて準備しておきたいですね。

会社設立の第一歩として必要書類を揃えることから始めましょう

会社の設立方法ですが、会社は法人ですので国の役所に登記する必要があります。
会社の登記の担当は法務局ですので、まずは法務局に提出する株式会社設立登記書類を作成します。
これは定款なども一緒に作成し、銀行口座を開設しそれに伴い社印を作るなど様々な作業を行います。
また登記が済んだら税務署をはじめとして業種に合わせて各部署に必要書類を提出します。
この作業は非常に大切で、あらかじめ書類を提出していると後々トラブルが起こらずにスムーズな業務が行えます。
特に社員を雇う場合には雇用保険や健康保険の届け出が必要となりますので忘れずに提出しましょう。
設立に必要なお金は定款認証手数料、登録免許税、定款に貼る収入印紙代などで25万円ほどかかります。

法人設立代行を使うメリットは登記の準備期間が短縮できること

社長になるのだからしっかりと勉強して自分で一つずつ学びながら会社設立を行う、こう考えられている方は素晴らしいです。
一つ一つの書類をじっくりとご自分の力で作成する、その努力と知識は会社経営を行う上で大切です。
一方、勉強したいけど準備期間も短く時間がないという方には会社設立を代行している業者もあります。
このような会社設立を本業にしているプロに依頼すると正確にそして早く設立できますので労力と時間の節約になります。
会社設立に使う労力と時間が惜しいと思う方はこのような業者にお願いしてみるのも一つの手です。
また、会社運営に必要な様々な情報が得られたり、相談に乗ってもらったりできますので、このような面からもメリットはあります。
ご自身の時間や金銭的な余裕や勉強意欲を考えて自分自身で会社設立をするか業者に頼むかどうか決めるのがいいですね。

資金繰りに困らないように会社設立の資本金などお金の話について

会社を存続させるには売り上げも大事ですが、十分な資金が必要となりますので会社設立の際には出来るだけ多くの資本金を準備したいですね。
自己資金が豊富にあれば問題ないのですが、多くの場合は初期投資で大半を使い切ってしまっているように思います。
また、開業してすぐに仕事があればいいですが、お店などの場合は客足が安定するまでにはある程度期間が必要です。
この他にも設備投資で資金を使ってしまった、売掛金が多くなったなど出費がかさんで資金繰りに困ることも出てきます。
このような場合には融資を受けることになります。
融資を受ける際に必ず着目して欲しい点は金利です。
融資は借金ですが、借金はしてもいい借金としてはいけない借金があります。
例えば、借金の中でも15%という高金利の消費者金融などの借金はするべきではありません。
なぜなら、会社とは投資であり、会社に投資して得られる利益以上に借金の金利を支払いますと赤字になってしまうからです。
借金に借金を重ねる自転車操業に陥りますので、このような借金は必ず避けるべきです。
一方で金利が例えば1%と安い借金の場合ですが、この場合は会社に投資して得られる利益の方が支払う金利よりも高くなり黒字になりやすいのでこのような借金は会社にとってはメリットのある借金となります。
この様に考えると、ご自分の会社はいくらの金利までなら借金してもやっていけるのか?という問いかけが心の中で起こると思います。

金利の安い融資はまず市役所の中小企業支援の部署を調べましょう

では金利が安い融資はどうしたら受けられるか、ですが基本的に担保があると金利は安くなります。
担保があれば安く借りられますが、担保がない場合は行政に相談してみましょう。
融資支援制度は自治体により異なりますので、どこの自治体でどういうサービスがあるのかを全て説明できないのが心苦しいですが、中小企業支援として無担保、無保証人で年利率2%以下という低金利の融資を受けられるサービスも多くあります。
この行政の低金利融資の支援は開業前や開業して数年以内なら受けやすくなりますので、資金繰りに心許なさを感じた場合には利用検討の価値ありです。
少ない運転資金で短期決戦して途中で運転資金が尽きて廃業するよりも、低金利の融資を背景にして豊富な資金でじっくりと長期戦の方が余裕も持てますので成功しやすいと思います。

まとめ

会社は存続するにつれて次第に信用がついてきます。
しかし、会社を長年にわたり存続させることは実は非常に難しいことでもあります。
様々な大手企業が倒産していることからもこれはわかります。
会社を運営していくと事業の存続の危機を何度も迎える可能性がありますが、このような危機を上手く乗り越えて会社を存続させるわけですから並大抵の努力でできる事ではありません。
また、このような危機に陥らないためにはちょっとした余裕を持って経営していくことが大切ですね。
会社設立をしようとしている方は是非とも長年存続できるような会社に育てられますよう頑張ってください。

クラウドオフィスに発信致します。
よろしいですか?