法人カードの審査は意外に簡単!申込のポイント3つで経理業務の合理化を!

「財布の中が領収書だらけ」「立替金が膨らんで大変」「個人のお金か、会社のお金かわからない」 中小企業の経営者や個人事業主の皆さんにとって、経費精算というのは結構手間がかかるものです。

経費精算の合理化を図るためには、法人カードの導入という方法がありますが、「法人カードは審査が厳しい」「開業後3年経ってからでないと申込できない」など、カードの審査がネックになり申込を躊躇される方も多いです。

ところが、実際には、開業直後でも、赤字決算でも法人カードは作れるんです!

ただし、そのためにはいくつかのポイントを押さえて申込を行う必要があります。
今回は法人カードの審査のポイントを徹底解説します!

審査基準とは?

「開業後3年以上経過している会社でかつ2期連続で黒字を計上していること」

法人カードの申込基準によく書かれている文言です。
こうした基準もあり、一般的に法人カードは個人のクレジットカードに比べて審査が厳しいというイメージがあります。

しかし、よく考えると大半の法人は創業から3年は赤字基調です。
技術に強みを持つスタートアップ企業でも同様ですし、また個人資産を十分に持ちながら節税対策として、わざと赤字を計上する法人もあり、表面上の利益というのは、当てにはならないものです。

一般的には開業後3年・連続黒字決算と言われていますが、そうした実態を踏まえ、カード会社は独自の審査基準をもとに、開業直後の会社でも、赤字決算の会社でもカード発行を行うことがあるのです。

審査に通るのはどんな会社?

では、どんな会社なら審査に通るのでしょうか。
審査のポイントはズバリ3点です!

①会社の活動実態
②代表者個人の信用力
③カード会社独自の審査基準

①カード会社が警戒するのは活動実態のない企業や、反社会的勢力に悪用されることです。
会社が存在しているか、活動実態があるかを審査の際に分かるようにすることがポイントです。

②中小企業や個人事業主は、やはり代表者個人の信用力にかかっています。
資金繰りが厳しくなれば代表者個人の資産でやりくりしなければなりません。
代表者個人の信用力が会社の信用を補完することになります。

③カード会社により審査基準は異なります。
会社の業歴や決算内容はそれほど重視しないケースもあります。
開業直後でも申込のできる会社や、決算が赤字でも申込できるカード会社を探しましょう。

具体的な対応のポイントは?

①申込書には「固定電話」「ホームページ」を記載する!
・固定電話の設置は、実は重要なポイントです。
固定電話が設置されていれば事務所が存在することの証明になります。
また携帯電話のみの会社は貸倒れリスクが高いということです。

NTTなどの固定電話は工事に時間がかかり、コストも高いですが、クラウドオフィスの03番号開設サービスでは、短時間で03番号を取得し利用することが可能です。

・ホームページを作成している場合はURLを記入しましょう。
会社の活動実態という点ではホームページの存在は不可欠の材料です。

②代表者個人の信用情報を整える!
・代表者個人の信用情報は、重要なポイントです。
事故歴がある、直近で延滞がある、複数社にカードローン等を申し込んでいるという場合は、審査に時間がかかる場合があります。

・個人取引のあるカード会社で申し込むのもひとつです。
個人の信用履歴に問題がなければ、代表者を務める法人の審査もスムーズに進みます。
実績のないカード会社に比べると、ポイントは高くなります。

③審査基準の緩そうなカード会社で申込む!
カード会社の傾向とすると以下の通りです。

a)外資系カード・・・独自の審査基準を持っています。
アメックス・ビジネスゴールドカードはステータスの高いカードながら業歴や業績に関係なく作成できるカードです。

b)消費者金融・流通系カード・・・消費者金融系・流通系はやはり審査は通りやすいと言えます。
オリコEX Gold for Biz や、セゾンプラチナカードは、他のカードに引けを取らないサービスの充実ぶりです。

c) 提携カード(ガソリン・航空・ホームセンター)・・・シナジーカードなど石油会社や、ANA JCBカード(法人用)など航空会社のカードは比較的作りやすいカードです。
提携会社のサービスをよく利用する人はポイントや値引きなどのメリットもあります。

d)代表者個人のみ審査するカード 三井住友VISAビジネスカードfor Owners は、申込時の必要書類が法人代表者・個人事業主の本人確認資料のみで、実質法人の審査がありません。
引落は法人名義の口座からで、キャッシング機能もついています。

まとめ

①申込書には「固定電話」「ホームページ」を記載する!
②代表者個人の信用情報を整える!
③審査基準の緩そうなカード会社で申込む!

この3点を押さえておけば、法人カードの審査は通ります。
「あのブランドのカードが」という方もいるかもしれませんが、まずは一枚カードを持つことが重要です。
利用実績を積みながら次のカードを考えるのも、ひとつの考え方です。

法人カードで、経費精算業務の効率化を図りましょう!

クラウドオフィスに発信致します。
よろしいですか?